毎日ぼちぼちやってます

40代。2015年7月、乳がんが発覚しました。2017年3月 骨転移 皮膚転移(局所再発)なっちゃったもんは仕方がないので、これからもゆるゆるやっていきますよ。

皮膚転移 摘出手術 その2

続きです。


最初にマーキングと言うのでしょうか。
先生が触診しながら、黒い謎の物体&しこりを中心にマジックで印。
その後、恐怖の?局所麻酔!
まぁそれなりに痛かったです(笑)

痛くて怯えた??のか、脈拍の音?心臓の音?(手術中、機械から聞こえてます)がすごい勢いでピッピッピッピッピッピ!!
先生に「痛いよね。ドキドキしちゃうよね」と言われてしまって、大人なのに、そして普段態度でかいのに(笑)、小心者バレバレじゃん!って恥ずかしかった(汗)

何本か注射するうちに「今、つねるよ〜。分かる?」と聞かれても分からないように。
「全然わかりません」と答えたら、「では、始めます」と切除開始となりました。

ここからはあまり詳しく書くとホラーになってしまいそうなのでふせますが(笑)
思っていたより結構切ったかなーと。
でも途中で痛みを感じたりすることがなかったのは、ホント良かったです。
ぐいぐい押されたり引っ張られたりはよーく分かるんですけどね。
でもそれも初めに看護師さんから説明があったので、不安はなかったです。

ちょっと衝撃的だったのは、切除後皮膚を閉じるのに皮膚をめっちゃ引っ張られたこと!
全摘した跡だから、皮膚も肉もそんなに余っていないので、上から右からぐいぐいと。
右の胸が寄っちゃったらどうしよう?!
胸を張ったら傷が開いちゃったりしないよね?!
なんて思うくらい(笑)

ライト越しに、実際閉じたのを見た限りはきれいに平らにとじられていましたが(多分)
皮膚移植とかにならなくてよかった…
ぽっちゃり万歳!!(笑)

縫合後、全摘手術の際にも貼られたサージカルテープを数本貼られ、これまた同じく“メロンの網”(勝手に命名)を貼った上に防水テープ。
その上をガーゼでパッド並みに(笑)保護され、終了となりました。


手術中は看護師さんが「気分はいかがですか?」「痛みなどはありませんか?」と何度も聞いてくれました。
「手が使えないから、顔がかゆいとかもおっしゃってくださいね」とも(笑)
でもあまりに何も言わないからか、途中で何も聞いてこなくなったけどw

あと気になったのは、度々不整脈なのか、機械から聞こえてくる音のリズムが狂いまくり、アラームがピコーンピコーンって鳴って、これってドラマで言ったら容態悪化のシーンじゃん!って(笑)
なかなか体は正直です(恥)


続く