毎日ぼちぼちやってます

40代。2015年7月、乳がんが発覚しました。2017年3月 骨転移 皮膚転移(局所再発)なっちゃったもんは仕方がないので、これからもゆるゆるやっていきますよ。

放射線治療 1回目

今日から放射線治療が始まりました。

初回だけは時間指定。
通常は8:30〜11:00までの間に受付を済ませた順番で治療するそうです(←採血みたい)

受付を済ませると、事務の女性がリニアック室(放射線治療をする部屋、5部屋くらいあるみたい)まで案内。
部屋は決まっていて、今後も毎回受付を済ませたらその部屋の前の待合スペースでお待ちくださいとのこと。

ほどなく技師さんに名前を呼ばれて部屋へ。
入口すぐのところにパーテーションがあり、その手前にあるカーテンで仕切られたスペースで着替えて(上半身は裸、帽子は被ったままでOK)、バスタオルみたいなのを胸の前にあてて、パーテーションの向こうにある機械(リニアック)の方へ。

バスタオルを前にあてたまま台に寝ます。
(病院のには肘を置く台とつかむレバーがあるんだけど)腕は前回の開き具合通りにすでに設定されてました。

リニアックはこんな感じ
(画像お借りしました)

今日はまず位置決め。
部屋を暗くして、X線を当てたり?しながら、技師さん2人で細かく丁寧に位置を決めていきます。
体の位置をずらす際は台の上に敷いてあるシートごと引っ張られる(笑)
そりゃそうだよねぇ…自分で動けったって難しいもんw

位置が決まったら、体にマジックで線引き(これが噂の!笑)
一応写真を撮ってみたけど…イラスト風に加工してみたのでご参考まで。

私には何が何だかわからないけど結構書かれてます(笑)

位置が決まったら、まずは左胸への照射。
左胸の上に少し厚めのシートみたいなものを置いて、落ちないようにテープ留められました。
照射の前に技師さんに「シートをのせて照射しましたということの証明に写真を撮らせてください」と言われて、デジカメでパシャリ。
このシートの役割はよく分かりませんw
ちなみに右胸にはバスタオルをかけられたままでした。

いよいよ照射。
部屋の電気を明るくして、技師さんたちは部屋の外に出ていきます。
(部屋を出て行く前に、中の様子はモニターで見えていること、何かあれば声を出して伝えてくださいと言われました)

目をつぶってしまっていたので、機械がどう動いていたのかは分かりませんが、機械が回っている気配や、ギューンギューンというような音が聞こえました(MRIなどよりは全然うるさくありません)
実際は5分もかかってないんじゃないかなぁ?分からないけど、そんなに長くなかったような気が。

照射中は痛みとか熱さとか眩しさとか、そういう“刺激”はまったくナシ。
(私が鈍いだけだったらごめんなさいw)

照射が終わると技師さんたちが部屋に入ってきて、胸のシートを外し、今度は鎖骨への照射。
鎖骨はシートはのせませんでした(このとき胸にはバスタオル)

最後に体に書き込んだ線が消えにくいように、上からシールみたいなのを全部ではないけど貼って終了。


今回は位置の調整などがあったので、時間も40分くらいかかりましたが、明日からは10分くらいで済むとのこと。
予約制ではないので、混んでいたらいつになるのか…ってなるかもしてないけど、本でも持ってのんびりやります(笑)

さすがにまだ1回目なので、皮膚が赤くなったりはしていません。
(術後の傷自体で一部赤味があったりはするけど)

初日だったので、途中から異様に緊張してきてしまって(笑)息苦しくなったり…。
でも、技師さんたちがすごく丁寧に説明をしてくれたりしたので、安心感がありました。

早く慣れて頑張ろうっと。
そして、日焼けしても腫れても皮がむけても頑張るので、効果が(特に鎖骨リンパのがん細胞に)充分にありますように!



===============



昨日買ったHUG ME!クッション、ちょうどいい抱き心地でした(笑)
胸のビリビリ感もだいぶ良くって、買ってよかったです♪
鎖骨部分は思っていたよりはみ出していませんでしたが、それでもちょろっと見えるので、ストールも早速活躍…。

応援のポチッとをいただけると励みになります(^ ^)
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村