毎日ぼちぼちやってます

40代。2015年7月、乳がんが発覚しました。2017年3月 骨転移 皮膚転移(局所再発)なっちゃったもんは仕方がないので、これからもぼちぼち ゆるゆるやっていきますよ。

CT

昨日は通院日。
血液検査(腫瘍マーカー)とランマーク注射。
あとCTを撮ってきました。

大体3ヶ月ごとくらいに画像診断を行うのが目安と言われていたのですが…
私の場合、3ヶ月目の6月に皮膚転移の手術をしたにも関わらず、腫瘍マーカーの変化なし(減らなかった)、ホルモン剤を変更しようかどうしようかとなった際に「もう少し続けてみたい」と、先生とも考えが一致して、治療を続行。
CTについては「どうしますか?」と聞かれたとき、何となく「結論は急がなくてもいいのでは?」という雰囲気(先生も私も)があって、もう3ヶ月後の9月に検査をすることにしたのでした。

今日は診察はなかったので、血液検査を受けた後でランマーク。
CTは午後の予定でしたが、上手い具合に午前中にすべりこませてもらえました
(お昼休みな雰囲気で、看護師さんたちに申し訳なかったですが…)

そして毎度毎度 忘れちゃうんですけど…。

ここでCT検査の復習??

私の場合、(特に変わった症状がなければ)部位は耳の下から腰まで。
食事は検査の2時間前までで、水やお茶、ジュースは直前まで制限はなし。

服装は上半身の金属類を外す(髪留め、ピン、ピアス、ネックレスなど)
ブラジャーのホックやアジャスターが金属の場合もNG。私の場合、ケアブラなので樹脂製ですが、念のため脱いで検査着を借りて着ます。
ズボンやスカート、ベルトはそのまま。検査台でずるっと下げます(笑)

着替えが終わったら、造影剤のルート取り(点滴の針を刺すことね)
最近割と調子のよかった血管もまたくたびれてきたようで、2穴開けました!(ピアスか)
看護師さんと「すみません」合戦(笑)

針の先に空の注射器、それを持って検査台へ。
靴は履いたままで仰向けに寝ます。

造影剤なしで2回、息を止めて撮影。
造影剤を入れて、同じように2回。
造影剤を入れるとき、
「気分が悪くなったり息が苦しくなったりしたら、我慢せずに声に出して言ってくださいね」
「体が熱くなるのは造影剤が入っていくからなので、心配ありません」
と念を押されて。

造影剤にアレルギー反応を起こす人がいるらしいです。
私の母も蕁麻疹ができるみたいだし(翌日にはおさまるらしいけど)
アレルギーかぁ…と考えてちょっと不安なドキドキ(笑)

個人的には造影剤はそんな苦手ではなくて、というか「温かくなって、湯船の浸かり始めみたい〜」と思うようにして気をそらしてる(笑)

撮影にかかる時間はあっという間で、10分くらい?
費用はランマークと合わせて25,000円くらいだったにので、CTだけだと7,000円くらいかと思います
(あ、またいずれ治療の費用についても書こうかと)

検査のたびに
造影剤って入れるんだっけ?
何分くらい・いくらくらいかかるんだっけ?
着替えるんだっけ?そのままでOKなんだっけ?(骨シンチは服のままでOKだったり)
CTにMRI、PETや骨シンチ、いろいろやってるし、こういうの覚えるのは得意じゃないしで、毎度「えーっと…」ってなる(汗)

まぁ看護師さんたちがその度に説明してはくれるけど、何となく心の準備もしておきたくて。
次回のために今一度復習してみました☆

結果は来週。
不安がないと言えば嘘(大嘘)になりますが、今悩んでも結果は変わらないし!!
だったら考えても仕方がないことを考えるんじゃなくて、ごはん何を作ろうかなーとか、次は何をミシンで作ろうかなーとか、どこに遊びに行こうかなーとか(笑)、せっかく時間もあるんだし、そういうことに心を使うようにできたらなーと。

…てなわけで、讃岐うどんに何かトッピングしたいなーと思い、冷蔵庫の中にあった納豆としらす、卵黄と海苔を。

ちょこっと麺つゆで和えてみました♪

さて、これからまた製作活動(ミシン)に励もうかと思いまーす。
あ、夕食の買い物にも行かなくちゃーー。