毎日ぼちぼちやってます

40代。2015年7月、乳がんが発覚しました。2017年3月 骨転移 皮膚転移(局所再発)なっちゃったもんは仕方がないので、これからもゆるゆるやっていきますよ。

続き

〜〜〜 ここからは一部具体的な表現を不快に感じる方もいると思うのでご注意ください 〜〜〜


…でもってその夜。

普段だったら下痢の波がおさまれば、多少違和感はあっても痛くはない下腹が継続的に痛い…。
眠れないほどでも、痛みで目が覚めてしまうわけでもないけど、夜中に何度か目が覚めて、「一応トイレに行っておくか」って感じで。

そこでふと気がついてびっくり。
便に鮮血が!!
大量ではないんですけどね。

いやー、今は生理があるわけじゃないし(そっちから出てるわけじゃないし)
これはもう病院だな、と即決。
ラッキーなことに近所に新しくできたクリニックが、割と土日や年末年始もやっていて、ネットで調べたらお盆もやってる!
しかも消化器系が専門で、胃や大腸に内視鏡検査に力を入れているみたいだったので、翌日に朝、旦那さんに連れて行ってもらいました
(歩いても5分くらいなんだけど、下腹痛いし、血便見たら気分的にもヨレヨレだし)

初診なので問診票を記入し(既往歴、治療歴の欄に書くことがいっぱいで吐きそう…)、がんの治療のことなど、先生から再度確認があり、腹痛、下痢からの血便(鮮血)、発熱はなく、吐き気は少しだけあることなどを伝え、お腹の触診。
痛いのはへその下辺り。特に左側。
そして生まれて初めて、お尻を…(恥)

赤黒い便(タール便等)ではなく赤く透明感のある血便の場合、まずは痔を疑うそうです。
むしろそうであってほしいと思ったんだけど(それも辛そうだけど!)、残念ながら
「肛門はすごくきれいだから違うね」って。
写真まで見せられて、確かにかぶれや赤みもなくきれいで、「すごく」の表現にちょっと笑ってしまった…。

「下痢と痔だったらそれでおしまいなんだけど…
大腸の検査ってしたことある?」
と先生。
「整腸剤出して様子見てもいいけど…
一応検査しといたほうがいいんじゃないかな?どうする?」って。

乳がんのこともあるしな(だから先生も言ってるのかもしれないし)
ここのクリニックで受けられるし、内視鏡が売りみたいだし。
40過ぎたら受けておいたほうがいいって聞くし。

ということで、今週末に大腸内視鏡検査を受けることにしました!

その後、看護師さんから検査についての説明を聞いて(下剤のこととか)、血液検査をして。
あ、先月のがんセンターでの採血のときもだけど、今回も急に血管の調子が良くなったのか?、一発でしっかり出てきた(笑)

帰宅してからは、もう出すものがないので(笑)、たまにちょろっと鼻血のおさまりかけみたいなうすーい血便がちょこっと出るくらい。
整腸剤が効いてきたのか、翌日の今日は腹痛もなくなりました。

スポーツドリンクとおかゆを一杯くらいしか食べてなかったけど、ちょっと食欲も出てきて、さっきは旦那さんにたい焼きを買ってきてもらっちゃった(笑)

何とか復活はしてきているのでちょっと安心。
検査は初なのでドキドキですが、一度やったことのある母に電話で聞いてみたら
「思っているより苦しくないよ〜。
それに検査前に下剤でとことんスッキリさせるから、その後調子が良くなるよ〜」
って、そこ??(笑)
まぁ母は私より検査とか苦手な人なので、その母が言うんだったら安心なのかなぁ。


まぁいろいろありますね。
何かないとずっとやらないこと、というのもあるから、これっていい機会なのかも?


その前に明後日は乳腺内科の診察ですー。
腫瘍マーカー、どうなってることやら(笑)
ストレスや疲れがたまってると上がる…って話も聞いたこともあるし(人それぞれかと思いますが)、大人しく静かに過ごそうと思いまーす(u_u)