毎日ぼちぼちやってます

40代。2015年7月、乳がんが発覚しました。2017年3月 骨転移 皮膚転移(局所再発)なっちゃったもんは仕方がないので、これからもぼちぼち ゆるゆるやっていきますよ。

診察日

今日は病院の帰りに美味しそうなサラダを見つけたので買ってしまいました。
ハンバーグのたねをパン!パン!と空気抜きするのが好きなasahaです。



今日は3ヶ月に一度の乳腺外科と放射線科の診察。
ゾラデックス3回目とノルバデックスの処方。
そして手術後初(9ヶ月ぶり←随分久しぶりのようなそうでないような…)の血液検査でした。

いやーもう未だに検査は慣れません…結果待ちも。
精神衛生上良くない。
とっても良くない。
(笑)

結果、問題nothingだったんですけどね。

腫瘍マーカー
CEAが 2.6(上限5)
CA15-3が 11(上限25)

もっと少ない値の人もいそうだし、ビミョーな値なのかも?なんて思ったけど…。
でも先生曰く「範囲内だから問題ないです」とのこと。
とりあえずホッとしました。

抗ホルモン療法の副作用が出るかもしれない肝臓の数値や中性脂肪も全く基準値内。
9月の健康診断の際にその復活できていないぶりにショックだった白血球の値も、何とか3,600まで復活(笑)

実は昨晩ついつい揚げ物を食べてしまって、一度化学療法中の血液検査で肝臓の値が上がってしまって、乳腺内科の先生に「揚げ物とかいっぱい食べちゃいました?」って聞かれたことがあったからドキドキしてたんだけど(笑)、それをちょろっと先生に言ったら、
「うーん、肝臓だけじゃなくて中性脂肪を見ても基準値内だから…言わなきゃバレないのにw」って(笑)

あと、気になっていることを聞かれたので、
・使いすぎたりすると張った感じがして痛いこと
(でも基本的には痛くないし、違和感も大分減った)
・最近皮膚の感覚が戻ってきたのか、たまに傷がかゆいこと
(恐ろしすぎてまさか掻けないので悶えてる)
・術側の胸が骨っぽいとかじゃないけど硬いような気がすること
を伝えました。

骨っぽさ?については「こんなもんなんですか?」と聞いたら、
「“こんなもん”ではないよ。もう少ししたらもっと馴染んでくるというか…」
だそうで。

抗ホルモン療法の副作用もね、ほてりがほとんどないから楽なので。
たまーにアツいなーってのはあるけど汗出たりはしないし。
膝痛も慣れてきたのか緩和されてきたのか何だか平気になってきたし。
(先生は「人間の体って慣れるんだよ」と言ってたw)

次回は3ヶ月後の2月。
検査はなく診察のみ。
その翌月(手術の1年後)に血液検査と超音波検査をしましょうとのことでした。

今後の検査について聞くと、特に症状が出ていない場合、血液検査で問題がない場合は、1年に一度、胸の超音波検査をするぐらいなんだとか(しかも健側の乳がん検診がメイン)

私はそれくらいがありがたい(笑)タイプなのでいいんだけれど、ということはちゃんと自分で自分の変化に気が付かないといけないんだよねぇ。

それと、先生に結婚して苗字が変わったので、次回から名前が変わりますと報告(笑)
ちょうど入籍したのが前回の診察の翌日で、そう言ったら、
「隠してたんだw」って笑ってました。


乳腺外科の診察の次は放射線科。
1年くらいは放射線科も診察あるのかしら…。
若〜いポチャポチャしたレジデンスの先生なんですが、なぜかこっちの先生は首も脇も(左右両方)しっかりグリグリと(笑)リンパチェック。
診てくれるのはちょっと安心します。


あ、そうそう。
乳腺外科の先生も放射線科の先生もそうなんだけど、胸の診察のとき、私は再建していないのでパッドを外して横に置いておくんだけど、診察が終わるとそのパッドを先生が手渡ししてくれるの(笑)

まぁ机の上に置く私も私なのかもしれないけど、2人が2人とも渡してくれるので、忘れるとでも思われてるのかしら??なんてw

いいんだけどさ、ちょっと面白いですw


ゾラデックス注射は相変わらずの“ブスリ”っぷり(笑)
でも3ヶ月に一度なんで、我慢してやりますw


…そんなこんなで、ここしばらくのモヤモヤが晴れたようなそうでもないような…。
とりあえずこれで多少は?結婚式の準備とか新婚旅行のスケジュールとか、集中できるといいんだけど(笑)


=================


近頃の体調諸々…また後日書きたいと思います。

病院の行き帰り、待ち時間で、薄い小説ほぼ1冊読んでしまったwワタクシに応援のポチっをいただけると嬉しいです(*'ω'*)
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村