毎日ぼちぼちやってます

40代。2015年7月、乳がんが発覚しました。2017年3月 骨転移 皮膚転移(局所再発)なっちゃったもんは仕方がないので、これからもゆるゆるやっていきますよ。

放射線科へ…(写真あり)

病院に申請していた診断書が届きました。

いよいよですなw



放射線治療 終了2週間後の見るも無残な?皮膚は、結構な赤黒さ!
まぁでもこれはやけどか“ひどい日焼け”ってことで、こんなもんかなーとも思うけど、脇の下の皮のズルむけ(笑)&もう何日も止まらない浸出液はこのまま放置でいいものか…と。
剥けた後の皮膚がピンクでブツブツしてるし!(怯)

皮膚炎のピークは終了後1〜2週間後って言いますから…とは思いつつ、腫れているような痛みがここ数日強くなってるのも気になるし、今朝念のために放射線科に電話してみました。

対応してくれた看護師さんが詳しく話を聞いてくれて
「脇の下の皮がむけしまってるんだったら、状態によっては今塗っている軟膏にプラスし塗る薬が必要かもしれないし、服などでこすれないようにするためのガーゼもあるから、可能なら診察に来てください」とのこと。
「今日、行きます」と言ったら
「予約取っておきますね。それと急いで来なくて大丈夫ですからねー。気をつけて来てくださいねー」と優しいお言葉w

昨夜から行く気満々(笑)だったので、午前中すぐに向かいました。
予約時間は午後からになっていたけど、診察の合間に入れてくれたのか、さほど待たずに済みました(感謝)

先生に見せると…

「ああ、ホントきれいにむけてますね」と(笑)

でも“よくあること”レベルみたいでした(ほっ)
今がピークで、これから1週間くらいで落ち着くんじゃないかとのこと。
これまでと同様、アズノール軟膏を塗るだけでOK、ガーゼは必要ないけど、外気に触れさせないほうが痛みがおさえられるのでふんわり貼っておきましょうですって。

このガーゼ、傷にくっつきにくいらしいです。
http://www.hakujuji.co.jp/medical/products/04/04/index2.html
脇の下なので貼りにくすぎ(笑)
また皮膚炎部分にテープは貼れないので、下着で押さえる感じで貼ってます。

あとはシャワーで脇の下をよく流して清潔にするようにと言われました。

診察・処置の際は、電話で対応してくれた看護師さんも同席してくれて、とりあえず状況も詳しく伝えられた上で“大丈夫”ということが分かり、ホッとしました♪
あとはホント、復活待つのみ!

ちなみにこんなんです。
(脇の下はあまりにグロいので隠しましたが…苦手な人は見ないでくださいね!←ホント)

放射線治療2週間後、こんなんもアリみたいですよw
あ、でも心配な場合は、一応病院に行ってくださいね。

ちなみに赤い部分に関して、痛みはそんなにありません。
治療中はときどきビリリッってしてたけど。
あとここ数日強くなっていた腫れているような痛みも落ち着いてきました。
また、色はひどいことになっていますが、皮膚の硬化などはほとんどなく、乾燥もひどくないです。


予想外に私にとってはキツかった放射線…皮膚炎もだし、このままだと当分真っ赤・黒だろうし(笑)
食欲も元には戻れていないし…なかなか解放されませんが、治療として問題なく完走できたんだからよかったんだよなぁ。
これが何より!

落ち着いたら美白に励んじゃいますけどね(笑)



===============



襟元から堂々と照射跡を披露しています…経験ある人が見たらバレバレですね(笑)
でも皮膚が弱くなっていることは確かなので、首がこれ以上日焼けしないように気を付けているワタクシに応援のポチッをお願いいたします!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村