毎日ぼちぼちやってます

40代。2015年7月、乳がんが発覚しました。2017年3月 骨転移 皮膚転移(局所再発)なっちゃったもんは仕方がないので、これからもゆるゆるやっていきますよ。

止まったね

ドレーン除去後にたまるリンパ液を抜くために病院へ。
徒歩&電車で1時間ちょっと。退院の翌々日に我ながらよくやるなぁと思いました(笑)

ところが…。

診察室に入ってベッドに腰掛け、術側だけ(遠山の金さんのように)シャツを脱ぐと…。
(ちなみに今日もノーブラで行きました・爆。この季節でよかった…)

「あ!止まったね。よかった」
と先生。

手術した部分をちゃんと確認してくれたので、その通りなんでしょう(笑)
自分でも脇の違和感が手術によるものなのか、リンパ液がたまってのものなのか分からなかったので、先生に判断してもらって安心しました。
(ドレーンは油圧式なので、除去後に止まる場合もあるそうです←ドレーンに無理やり吸われてたのか?w)

脇にスーパーボールを差し込んだような違和感に関しては、やはり術後では“普通”のことだそう。
服を着てから、腕の裏側や肩などを実際に示しながら、「この辺りのお肉の神経は、リンパ節を取った際に犠牲になっているので、違和感や突っ張り、痛みなどはあって普通だから」と説明してくれました。

それにしてもこの先生、しっかりわかりやすく説明してくれるし、ちゃんと診てくれてるって感じするし、冗談言っても笑ってくれるし、ソフト〜な感じで「この先生でよかった〜」って思ってます。
大学病院や私立とかではないので、今の先生がずっといるわけではないだろうけど。

ほら、チャチャっとしか診てくれないように患者に感じさせる先生っているじゃない?
言葉や説明が足りない先生も。
あ、本人はパッと見たら分かるんだろうけど…でも患者側からしたら不安になってしまう。
もしかしたら「先生、あのときこう言ったじゃないですか!」って責める患者もいるかもしれないけど、でも先生の「それは大丈夫」とか「それは心配しなくていいですよ」って言葉には、それが些細なことに対してでもほーんと救われる。

そんなもんだと思うんですけどね。


…というわけで、注射器で抜かれることはなく(よかった)
「腕はどれくらい上がる?」と聞かれたので、はりきって上げてみたら合格点だったみたい(笑)
「横と後ろは意外にイケます!伸びる洋服だったら被れるし」と、なぜかアピールして笑われる私w

今日から湯船もOK(びっくり)
体を温めてほぐしてリハビリしてくださいとのことでした。
あと、傷口のテープも自然にはがれるままで(わざわざはがすこともない)

次回は病理結果が出てるであろう2週間後に診察予定です。
今更どうなることやらですがw


===============


さて次のブログは手術ネタ 追記で…いよいよ?費用の発表〜(笑)
ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります☆
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村