毎日ぼちぼちやってます

40代。2015年7月、乳がんが発覚しました。2017年3月 骨転移 皮膚転移(局所再発)なっちゃったもんは仕方がないので、これからもゆるゆるやっていきますよ。

今後の予定(検査、手術日)

今回は乳腺外科の先生の診察もあり、今後の予定のお話がありました。

まずは再来週、2月26日に手術するための検査と、手術部分、抗がん剤の効果を見る検査。
結構この日は怒涛です(笑)

血液検査、尿検査、胸部レントゲン、心電図、肺機能検査(肺活量とか)。
あとマンモグラフィー、乳房超音波検査、胸部〜骨盤のCT検査 等…
あ、ちゃんと何をしたのかは、検査後にアップしますが、とにかくヘトヘトになりそう(笑)
(先生にしたら家が近くないし、いっぺんにという気遣い☆)

またCTで骨盤に変な物が映ったらどうすんだろう…?という懸念もムクムク…。
まぁ検査受ける前から聞いてもアレなんで、今回はあえて何も聞きませんでした
(←意外と?そういうことは言えませんw)

翌週の3月4日は、その手術の結果を見ながら、乳腺外科の先生から手術の説明。
家族も同席するように言われました。
それと手術は全身麻酔になるので、麻酔科の診察も予定。
全身麻酔は25歳のときに一度、子宮内膜症の開腹手術で受けて問題なかったことを確認されたんだけど、そのときは手術が予定時間より大幅に伸びちゃって、目が覚めた途端に恐怖に怯えるほどの痛み&一生に一度本気で死ぬ!!と思ったという恐ろしい思い出しかない(笑)

あと、治験のPET検査については、しこりの大きさや形によって上手く映るか否かがあるらしく、上記の検査結果次第で実施 とのことでした(by乳腺内科の先生)
受けるとしたら多分3月7日週の火曜&木曜になるのかな(検査薬を投与&検査)

で、当の手術はというと…。

3月29日を仮で押さえてますって言われて、随分遅いなーって(汗)

何も治療せず1ヶ月半…って大丈夫??と思ったけど、ラストケモから1〜2ヶ月空くのは一般的だそうです。
でも先生的には、患者さんの抗がん剤による副作用や、体力の低下を考えてのスケジュールであって、私は痺れ以外は体調も悪くないし(吐き気や倦怠感、発熱等全くないw)、CEFの際に一時悪くなってた肝臓の値も今は正常、白血球は少ないけど安定はしているし、本人の体調が良ければ3月14日週や22日週に変更もありだと言ってました
(早いほうがいいかなぁ)

あとは毎度ひっかかる心臓の検査(毎回わざわざ精密検査して、結局問題ナシという…)とか、それこそ骨転移疑惑の検査とかがなければいいんだけどな(切実)

ふと「(手術の)3月末まで何してようかなぁ…」と口に出しちゃったら(すぐに「あ!独り言です。スミマセン…」って謝りましたw)、先生ってば優しく「手術に備えて体調を整えていただくのと…あと、旅行とかなさる方もいらっしゃいますよ♪」ですって(恥ずかしい…)

傷病手当を申請している身、さすがに旅行は行きませんが(笑)


外科の先生からはこんな感じ。
手術後のスケジュールについては、点滴中に(起きれてる前半にしっかりとw)薬剤師さんが教えてくれました。
(次回に続く)



================



22時くらいに鬼の眠気から解放され、それから今度は目が冴えてて困ります…
夕食なんてほぼ寝ながら食べてたのに(汗)
こんな夜中にブログを書いちゃうワタクシに応援のポチッをお願いいたします(=゚ω゚)ノ
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村