毎日ぼちぼちやってます

40代。2015年7月、乳がんが発覚しました。2017年3月 骨転移 皮膚転移(局所再発)なっちゃったもんは仕方がないので、これからもゆるゆるやっていきますよ。

骨の検査結果が…

今日は腫瘍内科診察日&パクリ5回目。
そして先日の骨転移の検査結果がわかる日。

30分前にチェックインして診察室の前の椅子で待ってたら、5分もしないうちに診察室に呼ばれてびっくり。
私が「早くチェックインしすぎちゃってすみません…」とお詫びしたら「いいんですよいいんですよ。前の患者さんも遅れてて、ちょうど時間が空いてたのでいいんですよ」と先生(何回「いいんですよ」って言うんだ?w」
「検査結果が気になって早く来ちゃったのかな」って、気を遣ってくれたのかも?w

で、先生が早速、なぜかものすんこい小声で(なぜ??ってくらいw)
「それで、先日の骨の生検の結果ですが…」と。

これが。

これが。

何と言いますが。

うーん。

先生「骨からがんの細胞は出てきませんでした」

へ?

はい?(右京さん風)

うーん。

私「……あ、そうなんですか」

先生「はい」

私「……へぇ……」

先生「“意外!”って顔してらっしゃいますけど」(少しふふっと微笑む先生)

そりゃそうでしょ!www
だってあのPET検査での明らかに真っ黒な集積。
がんじゃなかったら何なのよ?
それに、先生たちもそうだって思ったから、あんな恐怖の検査をしたんじゃ…(笑)

集積について先生に聞いたら、(集積があるのは)もしかしたらごく小さながんがあるのかもない(微小すぎて採れなかった)って言ってた…。
乳腺外科の先生とも話し合って、骨へのがんの転移が断定できないので、とりあえず最初のスケジュール通り、パクリを終えたら手術という予定になりました。

まぁ、パクリを終えたら、手術前にまた治療効果を検査するから、そのとき骨の様子も見て再検討するような感じなんだろうな。
これまた中途半端&焦らされるわけね(笑)
まぁいいです。

ここからは私の勝手な妄想ですが…
(なので正しいのかどうかはわかりませんよw)

生検のときの画像を見たら、骨盤に対して右上からななめに6〜7ヶ所、(多分1cm間隔位で)しっかりグサっと針を刺してw採取してるみたいで、これで発見されないということは、あっても小さいのかな、と(少なくとも広範囲に大きくってことではないでしょうw)
たまたま針の通り道をかいくぐって多発してたり??なんて怖いこと考えちゃったりもしたけど、逆に小さいんだったら今のパクリでどうにか消えてくれちゃいそうじゃない?
肺のとこみたいに!(←なんて楽観的!)

あと、骨転移の治療(抗がん剤とは別に、骨の機能を助ける薬があるようです)を早く始めなくても平気なのかなぁという不安がなくもない…。
でも、腫瘍マーカーもたびたび調べているし(結果は教えてもらってないんだけど)、転移が進行するときはその値にも変化が出るだろうから、そしたら先生も即・何か手を打とうとするでしょう(笑)

…そう考えて、ここは先生にお任せ、私は元気にパクリに励むのみ!と決めました(・ω・)ノ

とりあえず
パクリの副作用の手足の痺れがあるのと、万が一の骨転移(骨が折れやすい・治りにくい。下手すると車椅子・寝たきり・麻痺の恐怖!)対策で、とにかく転ばないように気をつける(最近普通に動けないから尚更)
&骨にために太りすぎない、筋肉を意識する。
重い物は持たない、無理せずマイペース(胸のしこりも脇のリンパも痛くなるし、骨転移に重い物は禁止←折れるw)
これは続けてこうかと。

何とも宙ぶらりんですが(笑)、仕方ないのかな。
自分心臓も肺もそうなんだけど…はっきり「コレです!」って病気が確定→治療決定!っていかないことも、たくさんあるような気が。
(病院やお医者さん良し悪しではなく)

…そんなわけで、引き続きぼちぼちと、ですね(。-_-。)



===============



先生との奇妙な会話(?)やパクリ5回目の報告はまた今度☆
宙ぶらりんな私に応援のポチッお願いいたします!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村