毎日ぼちぼちやってます

40代。2015年7月、乳がんが発覚しました。2017年3月 骨転移 皮膚転移(局所再発)なっちゃったもんは仕方がないので、これからもゆるゆるやっていきますよ。

空っぽ…

昨日はお友達とランチ♪
家では作らないような物を選んじゃいますね。

ハワイアン、マヒマヒ&シュリンプココナツカレー

楽しい時間を過ごせた♪

なのに…。

ここからは愚痴というかブルーな内容になると思うのでご注意ください(´・Д・)」

入院してるときに同室だった患者さんは3名いました。

向かいのベッドの女性は可動式の酸素ボンベを常に付けていて、乳がんは肺に転移することがあるから他人事ではなく、少し様子を見てしまってました。
看護師さんと胸水を抜く話とかもしてたなぁ。

斜め向かいのおばあちゃんは、看護師さんたちと話す様子を聞いてたら面白くって明るいおばあちゃん♪
背骨への転移で神経が圧迫され、下半身に麻痺が起こってしまったようで、歩くことも自分で座ることもできないし、足の感覚もないみたい。
排便も力を入れられないから、看護師さんに指を入れて出してもらってた。
これだって乳がんの骨転移でもあり得る状況。
こっそり様子を伺ってしまいましたよ。
(明るいおばあちゃん&素敵な看護師さんたちだったので、聞いててほんわかしたけれど)

転移の可能性があるって先生から言われたときに、母に「寝たきりとか車椅子になったらどうしようかねぇ」みたいなことを言ったら、ウチは2階建てだから1階に私の部屋を移すとか?って話になり、ただそれって(細かい事情は言えないけど)環境的にかなり過ごしにくいストレスフルな状態になるので「嫌だなぁ」と言ったら、「それは我慢しなきゃダメ!」って怒られて、昔から母にはそういうとこがあるけど、何だかなぁ…って気分が沈んでしまった…。

また、そうなったら病院に行くにも車がないし、医療用タクシーとか?なんて話をしていたとき、でも玄関出るまで(段差があるので)大変だねって話になり、「それも込みなんじゃない?でも普通に出かけるときとかは、いないから外出とか無理だね」なんて言われて、また何だかなぁ…って。
(親に無理って言われたら、ウチは他にはいないんですけどね…親は声かけてお願いするタイプではないし、私が誰かに頼んだら「悪いからやめなさい」って言うタイプなので)

自分が世話する立場だったら…って以前考えたとき、例えば中古でもバリアフリーのマンションを探そうとか、実際調べたりもしてたから、そういう話も出ず「無理だから我慢しなさい」ってなったのがショックというか…。

ちょっと前まではね、万が一車椅子になろうが松葉杖になろうが、元気に外に出ちゃうもんね!楽しんじゃうもんね!くらいに本気で思ってたんですよ。
近所で有名人になってやる〜なんて。
だってそうしないと人生もったいないじゃん、って。
実際に車椅子で家族とかと楽しそうにショッピングしていたり、旅行してたりする人も見かけるし。

でも母にそんなことを言われてから、本当に気持ちが沈んじゃってる…。
(「そうは言っても実際そうなったらやってくれるよ〜」と言われるかもしれませんが、何ていうか…そこは親子だからわかってしまう不信感、なのかな)

申し訳ないけど、そうなっちゃったら周りの協力だけが頼りだから。

この前読んでた本に(一般的にも)、がんを乗り越えるには「絶対に生きたい!」という気持ちが必要って書いてあったけど、「絶対に生きたい!」って思う元になるものって何だろう?って最近よく考えちゃいます。

(多少支障があっても)“自分で動ける”前提だったときは、「余生を楽しむ〜♪ってくらいで長生きしてやろう」って思えてたけど、万が一そうじゃなくなったら?って考えたら、目標みたいなものが空っぽになってしまったような…。

治すぞ〜治すぞ〜って一生懸命思っても、目の先が空っぽだと宙ぶらりん…。

みんなどうなんだろうな。
具体的な目標や想いがある人もいれば、同じように宙ぶらりんで、でも頑張ってる人もいるのかな。
そんな話も聞いてみたいです…。

あと、病気になって分かったけど…。

たとえ実際には難しいことでも、家族は本人(患者)の望みに対してできる限りやるよ!って、まずは言葉だけでも(←ここ大事)言ってくれることが大事なんだなって思いました。
実際してくれるかはまた別の話で、そこは重要ではなかったりするんです。

患者だって実際にはそんな無理は言わないし…
せめて事前に否定したりせず、無理なときになってから拒絶したり我慢させるのではなくて説得してほしい(説得は看護師さんたちがうまーくやってて感心しました)

もちろん家族だってつらいし、受け入れたくない現実もあるかもしれないけど…。
正直たまに病気への不安のストレスより、家族系のストレスのほうが上回っているんじゃないか?って思うこともあって、いやもー勘弁です(笑)

ちなみに今日はさすがに気分が沈みまくりだったので、ほぼ自分の部屋で過ごしていたら、夕食時にリビングに降りたとき、母の機嫌がものすんごく悪くて疲弊してしまいました…。
(プラス パクリ作用で腰・背中は痛いしね)

私、結構重病人だから実家に戻ってきたんじゃなかったっけかな(もう少し精神的に気を遣ってw)



===============



誰か私に希望の光になるモノを!(笑)
応援のポチッをお願いいたします☆

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村