毎日ぼちぼちやってます

40代。2015年7月、乳がんが発覚しました。2017年3月 骨転移 皮膚転移(局所再発)なっちゃったもんは仕方がないので、これからもゆるゆるやっていきますよ。

PET-MRI検査②

さて、PET-MRI検査の続きを…。

金属探知機のゲートをグレーな判定でくぐり抜け(?)、いざ検査台(巨大ドーナツが2つ繋がってる??)へ。

事前の問診票に「閉所で具合が悪くなったりしたことがないか?」という欄があったので、しっかり丸を付けていたからか、技師さん2人ともいろいろ気遣ってくれて申し訳ないくらい(笑)

耳栓をして、その上にヘッドフォンをするかと聞かれて、閉塞感が増してしまって怖いのでパス(MRIのコンコンガンガンうるさい音を聞く方がマシ!)、頭を固定するのに隙間を埋めるためのクッションがこれまた閉塞感倍増で心臓がバクバク…。
「きつくて苦しい(怖い)です〜(泣)」と訴えたら、クッションを上にずらしてくれて大分楽になりました。
きっと技師さんたちも閉所恐怖症の患者の対応に慣れてるんでしょうね(ホッ)

PETは初めてだったんだけど、体の上におもたーーーーーーいせんべい布団?みたいなのをのっぺり被せられるのね。それだけ体によろしくない放射線をあてるのかしら…(怖)
そしてその上から何かでグルグル巻かれて固定(頭を固定されてるので見えません)
恐怖を通り越して、この状態は笑えたww

技師さんたちも「大丈夫ですかーー??」って何度も聞いてくれるし。
ナースコールボタンを握らされるんだけど、「何かあったらすぐこれを握ってくださいねー。すぐこちらに来ますから」「ちょっとでも何か違うと思ったら、すぐ押していただいていいですからねー」「些細なことでもいいですからねー」なんて何回も言ってくれるので、しまいには「怖い」が「すみません」に打ち消されてしまいました(笑)

機械の中に入ってたのは30分くらい。
今回初めてこういう機械の中で時々目を開けてみたんだけど、私の場合、周りが見えていたほうが(基本、20cmくらい上に覆いかぶさる天井しか見えないけど、時々足元に穴の外が見えるw)恐怖が大分和らぐことを発見!
機械の中では変な動悸とか出ずに過ごせました♪

あ、終わった後はやっぱりヨレヨレ・斜めに歩いてたけどねw


検査もいい加減慣れてきたのか、毎度検査のたびにがくーんと具合が悪くなっていた私ですが、今回は「終わった終わった〜」という感じで、張り切って母とランチして帰ってきました(笑)

でもなー、慣れた?とは言え、できれば検査は少なくて済みたい!
だって…。

お会計したら、PET-MRIだけで31,970円!!

高いよ!!(>_<)

次回の投薬代も含めてお金おろしてきてたからよかったけど(泣)

治療・投薬代は致し方ないとして、検査代は何だかなぁ…って思うことも。
高額な上に結果イマイチとかだったら尚更ですな(´・Д・)


さて、明日は診察&パクリ2回目。
やっぱり週イチはあっという間!
先生、診察は3週間に一度でいいかなと。でも次週(12月4日)は先生が出張で不在なので、「(PET-MRIの)結果を2週間もお待たせする訳にはいかないので!」と明日も診察してくれるらしいです。
はい、ありがとうございます(^人^)

明日もうすらねむーい時間を過ごしてきまーす(笑)



===============

最近大人の塗り絵なるものを始めたのですが、これがなかなか無心になれて良いです☆
種類もいろいろありすぎて迷った…私は『世界のもよう』にしました(いろんな国の伝統的な柄の塗り絵)
ていうか暇でごめんなさい(笑)

応援のポチッをいただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村