毎日ぼちぼちやってます

40代。2015年7月、乳がんが発覚しました。2017年3月 骨転移 皮膚転移(局所再発)なっちゃったもんは仕方がないので、これからもぼちぼち ゆるゆるやっていきますよ。

“闘う”

近頃ほとぼりが冷めたなーって思っていたがんについての報道…。
昨日『私の何がイケないの?』で乳がん特集をやってましたね。
久々だ〜なんて思いながら(笑)観てました。
内容は…可もなく不可もなく、って感じだったけどw

いつもこういう番組とか記事を見てると感じる違和感みたいなものがあって…。
それはがんと“闘う”って言葉。

“闘ってる”感、ないんだもん、私(笑)

精神的なことだけ言えば、20代、30代の悩みまくって悶えて頭グルグル(笑)な頃の方がつらかったし(種類違うけどw)、余程毎日“闘い”だった…でも今はそれを卒業できてるから自分はイケそう!って気もしてる(今のとこw)

副作用の具合の悪さはいまだに思うけど…偏頭痛&吐き気の方がツライ!!アレを思い出すと、まだマシかも〜って思えます(具合悪いには違いないけどw)

もちろんこの先どうなるかなんて分からないけど…。
でもね、(諦めてるって意味ではなくて)ある程度自分ではどうしようもないことってある。
だからこの先もしかしたらいろいろあるかもしれないけど、私は“闘う”のではなくて、自分が出来るとこまで“消化”していけたらなと思っているわけで。

もちろん向き合い方は人それぞれ。ガッツ!ファイト!が合う人だっている。
でもね、がんに罹っていない人や、がんが分かってまだ間もなかったりこれから治療という人に、あんまり“闘う”なんて大変そうな言葉を使うと、必要以上に怖がらせちゃったりもするんじゃないかな、って。

…そんなことを考えたり、母と話したりしながら番組を観てました。

病気に限らず、これは私のかるーいポリシー(守れないこともあるからw)なんだけど、「同じ時間を過ごすなら、不安なことや嫌なことを考えるのではなく、良いことや穏やかなこと、楽しいこを考えよう」って心がけてる(時々そうはいかないときもあるけど)
がんになってからは「どうせ同じ結果を待つんだったら」とか。

もしやっぱりがん(や他の病気)と闘わざるを得ないことになったら…
そんな“闘い方”もあるよって誰かが伝えてくれたら、って思ったりします。





今週は偶然なのか、風邪菌のヌシ?の父親が不在だからなのか(笑)、風邪もひかずに過ごせてます♪
この勢いで3週目もお出かけしたりしたいな〜。
応援のポチッお願いいたします!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村