毎日ぼちぼちやってます

40代。2015年7月、乳がんが発覚しました。2017年3月 骨転移 皮膚転移(局所再発)なっちゃったもんは仕方がないので、これからもゆるゆるやっていきますよ。

お♪ と え? なこと

今日も変わらず副作用で胃が気持ち悪い…(´Д` )ぉぇ
まぁごはんが全く食べられないわけではないからいいのかな。
気晴らしもまた解消法とハンドブックに書かれていたので、気分悪くならない程度に書いてみます☆

昨日の診察で、まずはいいことなのかな?昨日のブログに書いた「お♪」ってこと。

CEF2回目を終えて効果が出てきたのでは…と先生から言われました♪
本人自覚ないというか、気にすると不安になることのほうが多いので敢えて見てないというか(先生には何で見ないんですかー?くらい言われちゃたけどw)…言われるまでよくわかってなかったんだけど(笑)

先生の触診だけだけど、しこり(表に見えていない固い7cm!の部分)の幅は大きくは変化ないけど、厚みが薄くなっていて、乳房の腫れも引いているとのこと。
また皮膚に赤味の出てる部分も濃い部分が小さくなっていて、乾いてきてますしね♪…と。
(乾いてるといいのかな?確かにおできとかは治りかけは乾いてくるけどw)

半分は先生の希望的観測と地味な励まし(大人しい〜先生なのでw)なのかもしれないけど、「よっしゃ♪」と思いました(=゚ω゚)ノ

そしてもう一つ、これはあんまりよろしくないかな?
「え?」ってこと。

7月に遠隔転移(脇のリンパ節にはすでに転移してたので、リンパや血管に乗って肺や肝臓、骨や脳に転移してないか)の検査をした時に、CTの結果、両肺の上の方に小さな丸い点があり、乳腺外科の先生は「昔の病巣跡(肺炎など気づかず自然治癒する場合もあるので)だと思いますから大丈夫でしょう」って言ってたんだけど、もう一度それが本当に乳がんの遠隔転移ではないかCTを撮りましょうって言われちゃいました…(´・_・`)

CEF療法の効果を見るために次回の投薬&副作用期間(3週間)が終わったら、次の薬の投薬の前に普通は超音波検査だけするらしいんだけどそのときCTもやりましょうと。
乳腺内科の先生も「僕は違う(乳がんの転移じゃない)と思うんですけどね…」とは言ってくれてたけど…疑われてるってだけでもやっぱりちょっとは不安だよなぁ…。
今回の治療費がいつもより1,000円くらい高かったなーと思って明細見たら、いろんな腫瘍マーカーの検査項目追加されたし(気にしすぎかもしれないけどw)

もし肺に転移が見つかったら、一気にステージⅣ(つまり末期)になっちゃうんだよねぇ…。
完治は目指せず、あとは緩和というか延命にための治療というか…治療予定も変わるし。
(手術できなくなったり諸々)
一生乳がんと付き合うことになるんだよなぁ…。
数字は参考にはならないけど、10年生存率は25%とか書かれちゃってるし…。
(まぁ今もステージⅢbなのでⅣまで2歩手前だし、生存率も52%なのですがw)

なんて考えつつも。
よく考えたらその検査は1ヶ月半後…(長!)
結果はその日にわかるのか翌週くらいなのか不明だけど…。
それから考えよ、と思いました(笑)

それこそ悩んでストレスたまったり寝不足になって、眠ってるがん細胞を起こす(発症させちゃう)ことになったら元も子もないw


…さて、次回は「へー」ってことを書こうと思います。




いつもは「お世話になります〜」なんて冗談で言うと「はいはい」って答える母ですが、「お葬式の手配はお願いします」という冗談には「嫌です。出しません」と返されます…。
やっぱりブラックか…親に何てことを言うんだ?!とお叱りのアナタの叱咤のポチッとを!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村