毎日ぼちぼちやってます

40代。2015年7月、乳がんが発覚しました。2017年3月 骨転移 皮膚転移(局所再発)なっちゃったもんは仕方がないので、これからもぼちぼち ゆるゆるやっていきますよ。

針生検

上司や同僚たちの本当にあたたかい思いやりと気遣いに見送られ?、1時間程早めに会社を出てクリニックへ。

今日は乳房針生検(画像ガイド下)。
クリニックに着くと受付の方が「検査は長くなりますので、もしよろしければ先にお手洗いを」と。
お手洗いを済ませて受付に戻ったら、何と母が!

検査日時と病院名、電話番号だけ念のため教えておいてはいたけど、まさか来てくれてるとは。
やっぱり心配してくれてるんだろうな。
上司たちの今朝の優しさをまた思い出しながら、感謝と申し訳ない気持ちが…ね。

呼ばれるまで母と少しおしゃべり。
名前を呼ばれたので、前回と同じく検査着に着替えて診察室へ。
先生はやっぱり美人でにこやかだなぁなんて。

早速検査着を脱いでベッドへ。
枕を背中にはさんでくれて、広めに消毒をしてから上にシートを。

左乳房への麻酔の注射はちくっとしただけで、歯医者の麻酔のほうが100倍痛いぜ!(笑)

それから麻酔の効き具合を丁寧に何度も確かめてくれるんだけど…
よく効いてたのか「これ痛いですよね?」って聞いてくれるんだけど、ほーんの少しちくちくするくらいで、逆に心配になるくらい痛くはなかった(汗)
とりあえずそのちくちくもなくなってから、いよいよ針を…。
こちらも最初に音(多分組織を取るときの音)を聞かせてくれてたからか、「え?そんなもん?」って感じで終了。
ちなみに私は3回でした。

その後先生が手で止血。
左胸なので心臓の上あたりだからちょっと苦しいw
私を押さえつけてる(笑)先生とリンパの痛みの話などをしながら5分。その後は止血帯を巻かれて、別室のリクライニングチェアーで20分くらい休憩。
看護婦さんが迎えに来てくれて、また診察室へ。
止血帯をとってガーゼを付けて、先生とお話して終了…外部に病理検査に出すので、検査の結果は10日後、次の予約は24日の仕事帰りです。

24日って…長いなぁ。
途中で絶対状況忘れちゃったり(え)しそうだわ…。

帰りは待っててくれた母と一緒に帰りました(具合悪いとか全然なかったけど、気持ちがありがたい)

検査自体は15分くらい。
その他の着替えや問診、止血のための休憩を含めて約1時間くらいでした。

ああ、とうとう調べられちゃったなぁ…って感じ(笑)
こうなったらまな板の上の鯉でいるしかないんだけどw

今の世の中情報は溢れてるし、いろいろ考えちゃうこともあるんだけど、とりあえず結果を聞いてからでいいや(笑)

今のとこそんな感じです(・∀・)ノ